車にキズやヘコみがあると高値で売ることは出来ませんか?

div class="answer1">
車にキズやヘコみを作ってしまうので、もう高値で売ることはできないだろうかと諦めてしまう人が少なくありません。そのために本来ならもっと高値での買取が可能な車であったはずなのに、安値の言い値で売却してしまったりします。しかし、キズやヘコみは、ないにこしたことはありませんが、あったからといって大幅なマイナス査定にはならないものです。ですから、あまり気にしないで交渉に臨むと良いでしょう。

 

しかし、やはり心象をよくするために、擦り傷程度であれば、コンパウンドで磨いて消しておくと良いでしょう。優しくコンパウンドで磨いてあげると、細かな傷は取れて、きれいになります。実際には傷が取れたのではなく、周辺個所をコンパウンド剤で削って平らにしただけなのですが、十分きれいな状態に戻してあげることができます。しかし、爪にひっかかるようなひっかき傷はコンパウンド剤で消すことはできません。ヘコみに関しては、自分で修理するのは難しいので、そのままにしておくしかありません。

 

高値で売るために、キズやヘコみを修理したほうが良いのではないかと考える方もあるかもしれませんが、修理代はかなり高額になります。それに対して、仮にマイナス査定になったとしても、その修理代を上回るほどではありません。したがって、キズもヘコみも、そのままの状態で査定するのがベストです。

 

査定